プログラミングの部屋  ▲前 へ ▼次 へ 一覧へ戻る  プログラミングの部屋 メニューへ  WebBoard総合メニューへ
この投稿に対し、フォローを投稿する
日 時'04年 7月 8日 21:28:09
タイトルRe(1):Visual BasicでStretchDIBitsの使い方 (閲覧回数:1648回)
投稿者(^_^;)さん 

>[7月 8日 17:10 あzzさんの投稿]
>VB6でStretchDIBitsを使いたいと考えています。
>StretchBltは使ったことがあるのですが、StretchDIBitsは使ったことがありません。

StretchBltを使ったことがあるのでしたら、使い方は
おのずと解るのでは?


>基本的には、StretchBltと同じだと思うのですが、
>dx、dy、lpBits、lpBitsInfo、wUsageには何を指定すればいいのでしょうか?

何を指定って、StretchBltを使ったときはどのように指定されました?
StretchBlt使ったことがあるというのでしたら、その引数の意味は当然
お解かりのはずですよね。
もしかして、ただサンプルをそのまま指定しただけなのでしょうか?
もしそのようでしたら貴方はこの先、似たようなことが起きた場合
先に進みませんよ。

dx、dy・・・・・x,yとなっているのでしたらこのくらいのことはお解かりですよね?
lpBits・・・・・Longポインタ型の情報だということくらいは解るかと思いますが。
lpBitsInfo・・・InfoということはlpBitsの情報ということくらいは解かりますよね?
wUsage・・・・・WORD型の情報でしょうね。


>YAHOOなどで検索をしても見つからなかったのですが、説明やサンプルなどが
>あるページを知っていましたらお知らせください。
>
>宜しくお願いします。

私はVBはあまり得意とはしておらず使うことも少ないので
StretchBltは使ったことが無いためそれぞれの意味は解りませんが
StretchBltを使ったことがある貴方なら大体の意味くらいは
解るのではないでしょうか?


フォロー元の投稿
 ◆[ 7/ 8 17:10] Visual BasicでStretchDIBitsの使い方 // あzzさん
<この投稿に対するフォローはありません>