プログラミングの部屋  ▲前 へ ▼次 へ 一覧へ戻る  プログラミングの部屋 メニューへ  WebBoard総合メニューへ
この投稿に対し、フォローを投稿する
日 時'13年 9月11日 23:09:21
タイトルaccess用のActiveXコントロール作成について (閲覧回数:916回)
投稿者きゅんきゅんさんさん 

現在、vb6からaccess2003への移植を行っていますが、
私の知識ではわからないことが多すぎて、質問させていただきたいと思います。

もともとvb6で、ocxファイルを使用してプログラムを作成されていたのですが、
移植する際にocxをaccessに使用することがライセンス違反であることがわかりました。
正しくは、accessに参照登録ができなかったのです。

ですので、本当は新たにマクロなどをVBAで書けば良かったのですが、
様々な理由から、新たにocxを作成できないかという依頼がありました。
(仕様を満たすようなocxが作成できるかどうかも本当は問題なのですが、
優先順位的には、作成可能かどうかがネックなのです。)

私は元々VB6での開発実績もなく、
試行錯誤で作業を進めているのですが、
作業を進めるにも情報がどう探しても見当たりません。
(探し方が悪いだけかもしれません)

練習としてやって見たいと思うことは、
MSCAL.ocxがaccess2010で使用できなくなったということで、
実際にはaccess2003上で行うのですが、
自作でMSCAL.ocxもどきを作成してみようと思います。

どなたか、access2003上で使用できるocxの作成の情報をご存知でいらっしゃったら、
ご教授願えないでしょうか?
環境的には、32bitを考えていますが、64bitの情報もあれば嬉しいです。
(通常でも64bitの自作ActiveXコントロールの情報は少ないみたいですので)

一応vs2008Proは、社内ライセンスで所有していますので、
MFCを使用するVC++での開発も可能です。

書籍でもサイトでも、日本語でも英語でも構いませんので、情報がほしいのです。
(最悪フランス語ならギリギリ読めます。)
移植対応が可能かどうかも現在の仕事なのですが、
周囲の社員もその手の情報に疎いようで、
そのような仕事が私に回ってきました。

access2007や2010に対応する情報であればさらに嬉しいです。

長文となってしまいましたが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご協力をお願いしたいと思います。

よろしくお願い致します。
<この投稿に対するフォローはありません>