プログラミングの部屋  ▲前 へ ▼次 へ 一覧へ戻る  プログラミングの部屋 メニューへ  WebBoard総合メニューへ
この投稿に対し、フォローを投稿する
日 時'99年 3月23日 13:11:10
タイトルファイルが消えてしまいます (閲覧回数:1808回)
投稿者@よしのさん yosino@be.mbn.or.jp

こんにちわ。@よしのです。

この部屋で良いのか、サーバの部屋なのか悩んだのですが...
原因不明のファイル消失に悩んでいます。

SunOSのサーバにSAMBAをインストールし、Win95でネットワークドライブを割り
当てています。
サーバにおいているのはAccess2.0で作成したmdbファイルです。
サーバはファイルサーバとして使用しているだけで、他にインストールしてある
ソフトは特にありません。

原則として月に2回、mdbの更新処理を行います。
月初に A.mdb B.mdb C.mdb D.mdb E.mdb
中旬に F.mdb G.mdb H.mdb I.mdb
その他、J.mdbを不定期に手動で更新します。
更新方法としては
1.Win95上にAccess2.0で作成したX.mdbを置き、サーバ上にあるmdbをopen
2.TMPテーブル作成
3.テーブルをアタッチして同じくサーバ上にあるテキストデータを一時
  テーブル(IMP)にインポートし、追加クエリーでTMPテーブルに無駄な
  スペースを削除などしながら追加
4.TMPテーブルをリネーム(XX月分データ 等)
5.IMPテーブルのデータを削除
6.サーバ上のmdbをClose
7.サーバ上のmdbを最適化(A.mdb>CompA.mdb)
8.元のmdbファイルを削除して最適化したmdbをリネーム(CompA.mdb>A.mdb)
中には若干処理の異なるものもありますが、大体これを各mdbに対して行います。
(ドライブを割り当てているので、サーバ上のmdbは Z:\A.mdb 等と指定。)

サーバ上のmdbのファイルサイズは数MB〜数10MBです。
取込むテキストファイルのサイズは、最大で20MBほどです。
夜中にWin95 Plusのシステムエージェントを使用してX.mdbを起動、マクロを
実行(実際はモジュールの実行)するという手段を取っています。

それで問題ですが、上記処理を流すとサーバ上のファイルが消失するのです。
消えるファイルは決っていて、月初の処理でも中旬の処理でもF.mdbとJ.mdbです。
常にこの二つが消えてしまいます。
最初はプログラムミスで削除の処理が入っているのかとも思いましたが違います。
ローカルに環境を作って、同じ処理を流した場合は消えません。
同様の現象にあった方、解決方法をご存知の方はどうかお力を貸して下さい。


環境
 サーバ
  SunOS5.4(2000年対応済)
  SAMBA(バージョンが....)
 クライアント
  Gateway2000 SOLO
  MMX166(多分)
  メモリ32MB
  Windows95 4.00.950 B
  Microsoft Plus! for Windows95
  MS-Office4.3
  MS-Office7.0
  他

<この投稿に対するフォローはありません>