書名馬は語る −人間・家畜・自然−
著者沢崎 坦
出版岩波新書 (黄375)
価格480円  (全195ページ)
日本における馬の歴史、成長過程、家畜としての馬などについて書かれている。
学術的なものではないので極端に難しい言葉もなく、わりに読みやすい
馬に魅せられ、一筋に馬とつきあってきた「馬博士」が、現代の日本人と馬との
かかわりに疑問を持ちつつ、一人でも多くの人に馬のことを知ってもらいたいと
書かれた本。残念ながら現在は販売されていないので、図書館などでどうぞ。


書名競走馬の秘密 −その心理と走る理由−
著者マーティーン・M・クリスティーヌ
出版光 文 社
価格740円  (全194ページ)
競馬の世界に生きる馬たちの身体の仕組み、心の動きを獣医の視点から
紹介している。文章が簡潔で、表現が上手。とにかく分かりやすくて
読んでいて楽しい。著者は日本の競馬界で最初の女性公認獣医師。
現在は「U−MA(ユーマ)ホースファーム」 という馬のリハビリ牧場を
開いている。


書名競馬の動物学  −ホースウォッチング−
著者デズモンド・モリス /(訳)渡辺政隆
出版平 凡 社
価格1200円  (全223ページ)
この種の本の中ではポピュラーなもの。
馬を客観的に観察したもので、身体の部位でどんなサインを送るか、
耳はどれくらいいいか、どれくらい賢いか、なぜレースで走るのか等、
素朴な疑問に答えている。
外国ならではの馬にまつわる神話や言伝えも2、3紹介されている。
また、日本と外国とでは、生活の中で馬とのかかわり方が違うということも
かいま見える。



BackHorseEyes Index