ホーム 新着情報 研修概要 施設概要 Q&A


←戻る 漁業就業促進研修 概要 
次へ→
・漁業就業者が、経営改善等を図るために必要な資格を取得するための研修です。
・研修は概ね、次の資格の種類を行っております。
・研修は全寮制で実施します。

 
資格の種類 資格の内容 講習区分 受講資格
一級
小型船舶
操縦士
総トン数20トン未満の漁船(船舶)の船長となろうとする方が必要な資格 第一種

第二種
(実技免除)

〈 第一種 〉
@漁業就業者の方
A講習開始日前日に17歳9ヶ月以上の年齢に達している方
B身体検査に合格できる方
〈 第二種 〉実技免除
C上記@、A、Bに該当する方
D次の乗船履歴を有する方
  なお、乗船履歴の審査は、財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会北海道事務所において行いますので、審査手続きは、参加者各自で行っていただきます。
・総トン数100トン未満の船舶において、業として船舶の操舵に従事した期間が1年以上ある者で、前述の期間(1年以上)のうち、総トン数5トン以上の小型船舶において、業として船舶の操舵に従事した期間が6月以上あり、かつ、一眼が見えない者にあっては、一眼が見えなくなった後の期間が3月以上あると証明できること。
潜水士 労働安全衛生法による国家資格。潜水業務に従事する方が必要な資格 なし 漁業就業者で満18歳以上の方
第二級海上
特殊無線
技士
無線通信業務及びレーダー操作業務に従事するために必要な資格 なし @漁業就業者の方
A次の事項に該当しない方
・電波法第9章の罪を犯し罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、またはその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
・無線従事者の免許を取り消されて、取り消しの日から2年を経過しない者
・著しく心身に欠陥があって無線従事者たるに適しない者

※参加申込方法
 上記の各講習毎の受講資格を満たされ方のみ、講習に参加することが可能です。
 参加申し込みされる方は、所定の参加申込書に必要事項を記載のうえ、関係する漁業協同組合長の推薦を受け当研修所までお申込みください。
 申込に当たり次の事項について予めご了承ください。
○参加申込数が概ね定員の半数を超えない場合は、講習を中止することがあります。

 
こちらから募集状況をご確認ください。
 

研 修 日 課
7:00〜
7:40
7:40〜
9:00
9:00〜
12:00
12:00〜
13:00
13:00〜
16:00
16:00〜
17:40
17:40〜 21:00 22:00 23:00
起床
清掃
朝食
研修準備
研修
1〜3時限
昼食
研修準備
研修
4〜6時限
自主研修
自由時間
夕食
自主研修
自由時間
門限 点呼 館内消灯
就寝
                                 ↑TOPへ             ※土・日・祝祭日の門限は22:00