今日で今年の仕事納めです。
大掃除も無事に終わり、新年を迎える準備ができました。

ブナセンターとルピックには毎年、故渋谷吉尾さん(かんじき名人)直伝の
しめ飾りを飾っていますが、今年は役場、町民センター、マナベールでも
ブナセンタースタッフ手作りのしめ飾りが飾られています。
ぜひ、見てみてください。

来年も、たくさんの方のご来館をお待ちしています。


よいお年をお迎えください。

12月30日(金)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


早いもので今年も残り1週間となりました。
昨日、ブナセンターでは新年を迎える準備をしました。


イタドリの門松やリースの飾りをリニューアル。

次はしめ飾りを作ります。


稲わらを叩いてやわらかくして・・・


丁寧に編んでいきます。

   
最後に天地神、御幣、トドマツをつけて完成です。

来年もいい年になりますように・・・と、
スタッフ一同、思いを込めて作りました。
新年を迎える準備はバッチリです。

と、その前に今日はクリスマスイヴですね。
黒松内は昨日とはうってかわって晴天です。
皆様にとって素敵な聖夜になりますように・・・。

12月24日(土)
ないとう

次回「つじ」さんよろしくお願いします


今シーズン初めてバード・フィーダー(エサ台)に
鳥がやってきました。
(ブナセンターでは毎年、積雪期のみ
バード・フィーダーを設置します)

<ヒマワリの種をくわえたゴジュウカラ>

14日に設置したので4日目のお目見えです。
例年、設置してから3〜4日後には
バード・フィーダーがあることを認知してくれます。
(早いときは翌日)

<ハシブトガラ・うしろ姿>

来週半ばにHPにアップする
「ブナセンターだより1月号」の2ページ目は
このバード・フィーダーに来る野鳥たちを紹介していますので
ぜひご覧ください。

今年も「しりべし学園分校高等部」のみなさんより
自分たちで育てたヒマワリの種をいただきました。
かわいいラッピングまで、ありがとうございました。


12月18日(日)
あかし

次回「ないとう」さんよろしくお願いします



昨日・今日と降り続いた雪が、たっぷりと積もっています。
(現在、黒松内の積雪深は60cm程です)
ブナの小道に行ったら、看板が埋もれてしまいそうでした。



明日・明後日と、晴れ予報が出ています。
かんじきを履いて、ブナの小道をお散歩してみませんか?

今日私が歩いた足跡が残っているので、ブナセンターから
ブナの小道の途中まで迷わず行けますよ。


12月17日(土)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします




陶工房で、今年最後の本焼きに向けて
みなさん色付けをしています。







たくさん作品があるので大変そうですが、
どんな色になるのか楽しみです。

12月11日(日)
こばやし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


昨日のわくわく土曜日ランドで作ったハンモックを
ブナセンターの駐車場の横の林に設置しました。

乗ってみたい人はぜひ、ブナセンターへ。

12月4日(日)
さいとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


昨日は町内小学生向けの自然体験プログラム
「わくわく土曜日ランド」の日でした。
今回のテーマは「つるであそぼう」。

みんなでつるを集めたつるを使って、ハンモックを作ります。


つるを見つけて、一生懸命引っ張っているところ。


とってきたつるを並べてどれくらい長いか見ているところ。
メジャーで測ったら長いつるは15mもありました!



いよいよハンモックづくりです。
みんなで協力して編んでいきます。


つるをまとめるロープワークも自分たちで行い
とても素敵なハンモックができました。


「つるってこんなに長かったんだ」
「ヤマブドウの巻きひげの形が面白くて気に入った」
「今度は家の周りでハンモック作ってみようかな」
と、いろいろな声を聞くことができました。

完成したハンモックは、冬の間
ブナセンターの外で遊ぶことができるようにする予定です。



12月4日(日)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




早いもので今日から12月です。

今年は金茶色の枯葉をつけたままのブナが
多いなあと思っていましたが、
さすがに12月にもなると
ほとんどが散ってしまいました。

それでも若いブナほど
枯葉をつけたまま冬を越すことが多いようです。


写真はブナセンターの駐車場わきに植えられたブナ(右側)。
ブナセンターがオープンした1993年に山から移植されました。

左隣の小さなブナは、
この移植されたブナが1997年につけた実から生れました。
現在19歳。

親木のブナは最近、葉をすっかり落としましたが、
子どものブナはまだ葉をつけています。



道道からブナセンターに入る入口
(「ブナセンター」の大きな看板)の向かいにも
ブナの稚樹がたくさん植えられています。

この稚樹も金茶色の枯葉をたっぷりつけているので
真っ白な雪の上でとても目立っています。

そのうちこの稚樹たちも
雪の下に埋もれてしまうのでしょう・・・。


12月1日(木)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします



今日から、かんじきの貸出しを始めました。



例年だと12月になってから出していましたが
今年は、11月から雪がたくさん降り、
もうかんじきを履いて歩けるほど積もりました。

ぜひ、黒松内名物「渋谷式かんじき」をはいて
夏場は入れない場所を歩いてみませんか?


11月26日(土)
こばやし

次回「あかし」さんよろしくお願いします


本日、黒松内は最高気温マイナス6度、寒いです。

先週1週間、資料整理期間で休館でした。
毎年、雪が降る前に
駐車場にたまったカラマツの落葉を掃除するのですが、
今週雪が降るということで、先週掃除をしておいてよかったです。


これをやらないと雪が融けた時に排水溝に水が流れず、
駐車場が池のようになってしまうのです。


11月23日(水)
さいとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします



昨日は町内小学生向けの自然体験プログラム
「わくわく土曜日ランド」の日でした。
今回のテーマは「たき火にチャレンジ」

午前中はたき火の作り方を少しずつ会得。
午後はその火を絶やさないようにして、
マシュマロを焼いたり、焼き芋を仕込んだり・・・。
最後は、枝に巻き付けたパン生地をこんがり焼いて食べると

「これ全部自分たちで作ったものだね」と
とても満足気でした。
(パン生地の発酵は子どもたちが服の中に入れて交代でふくらませました)

プログラムの締めは、たき火の始末の仕方と
燃やした木の枝はどこへ行ったのかのお話。
たき火の楽しさ以外にも
子どもたちの心に何か残るものがあればいいな。

11月13日(日)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


今朝、黒松内は一面の雪景色でした。
まるで12月上旬のような景色です。


ブナの小道の入口・・・


雪の白とブナの黄葉の終わりかけの金茶色が
なかなかきれいなコントラストでした。

10時頃、雪は雨に変わりましたが、
来週も雪の予報が続いています・・・。


11月5日(土)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


今日、ブナセンター駐車場の近くのブナが
とてもきれいに色づいていました。


まだ黄緑色のブナもあるので
ブナの黄葉はもう少し楽しめそうです。


11月2日(水)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします





本日、ブナの小道、とてもきれいです。


10月29日(土)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


黒松内町総合文化祭に、
昨日、陶芸クラブの方々やブナセンタースタッフの陶芸作品を出しました。



皆さん、今年1年頑張って作った大作です



展示は町民センターで行っております。
ぜひ見に来てください。

10月29日(土)
こばやし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


ホオノキの実です。
大きな花を咲かせるので実も大きいです。


この実をカラスがくわえて飛んでいき、
近くのヤチダモの木の上で
中の朱色の種子をついばんでいるところを目撃しました。
ほんの5分でこのありさまです。



その、ついばまれたホオノキの実の残骸を写真に撮っていたら
ゴジュウカラがやってきて、
ひとつだけ残っていた種子をくわえていきました。


ほんの一瞬のできごとでした。
なんと目ざといゴジュウカラ!


10月27日(木)
あかし

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


ブナセンター近くの「ブナの小道」でもブナが色づいてきました。

まだ緑がかった黄色の葉が多いのですが、
黄色まっさかりのブナもあります。

今年は特にイタヤカエデ(黄色)や
ハウチワカエデ(赤)の葉がきれいです。



「小道」やブナセンター周辺で拾った落ち葉で
「落ち葉のステンドグラスを作ってみました。

アイロンで押し葉にして色をとめていますので、
冬中、今年の紅葉の色を楽しむことができます。


10月23日(日)
あかし

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


昨日・今日は「黄葉のブナ林宿泊パック」の1回目でした。

1日目は霰が降るなか、添別ブナ林へ。


色々なキノコをみながら歩き
森のキノコの役割についてお話を聞きました。

 

2日目の今日は歌才ブナ林へ。
今回は自然の家から展望台コースを歩いて向かいます。

写真は
どんぐり帽子をかぶった齋藤さんが
どんぐり(ミズナラの実)の話をしているところです。

ここ数日のおかげでブナの黄葉も進みました。
今日は途中で晴れ間もあったので
黄葉の写真を撮る方がたくさんいらっしゃいました。



「黄葉のブナ林宿泊パック」の2回目は来週行われます。
黄葉のピークも来週中となりそうです。


10月21日(金)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします


ここのところ朝晩に冷え込んだため、
ブナの盆栽の黄葉が始まってきました。

ブナ林はまだ1割も黄葉していません。
10月14日(金)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


ブナセンター周辺で今年初めて、
雪虫を発見しました。


まだ一匹しか見ていませんが
もうすぐ大発生の日が来るのではないでしょうか?
そのあと初雪も?


10月8日(土)
こばやし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


森にホオノキの実がたくさん落ちています。




この色合いは今の季節だけ。
やがて茶褐色になっていきます。


先週行った「わくわく土曜日ランド〜秋の実りたんけん〜」
のなかで、
このホオノキの実を煎じてお茶を作りました。


爽やかな香りがやみつきになるお茶でしたが、
子どもたちよりは、大人好みの味だったかな?


10月7日(金)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします



昨日、歌才ブナ林に行ってきました。
ブナ林の黄葉の見ごろはまだ先ですが
オオカメノキやツタウルシなど、色づきはじめの葉がきれいです。



この日の詳しいブナ林の様子はブナ林情報をご覧ください。


10月1日(土)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




今日は第2回下澤先生の
陶芸初心者教室を行いました。

今回は過去の初心者教室で人気だった、
花模様のどんぶりを作りました。


みなさん、様々な模様を描いていました。

出来上がりが、楽しみです。

9月19日(月)
こばやし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


ブナセンターの駐車場にミズナラの大きなドングリが落ち始めました。
いよいよ秋本番です。

9月18日(日)
さいとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


今日のブナセンターはいつもとがらりと様子が変わりました。

京都の染色家・岡田明彦さんをお呼びしての
ろうけつ染め体験教室と先生の作品展示です。
町内の染めっこクラブさんが主体となって開催しました。

このように他の団体の方がブナセンターを使って
講座をしてくださるのは久しぶりのことです。

参加者のみなさん、それぞれに素敵なバンダナを作っていましたよ。

同じ日に東京理科大の研修セミナーのみなさんが
60名来館されました。

こんなに大勢のガイダンスも久しぶりです。

ブナセンターのまわりでブナの木探しをしたあと、
館内でブナの手回しオルガンの演奏などを楽しんでいかれました。
ガイダンスを担当した立田さん、お疲れ様でした!

9月11日(日)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします



今日の黒松内は肌寒いくらいの気温で、秋の気配を感じます。
昨日、歌才ブナ林に行ったら
いろいろなキノコが出てきていました。



秋といえばやっぱりキノコ。
ブナセンターのまわりにも
たくさんの種類のキノコがみつかります。
今月9月18日(日)には
ブナ里自然塾「キノコさがしへGO!!」を行います。

いろいろな形、いろいろな色のキノコを探しに出かけましょう。

詳しくはブナセンターだより9月号をご覧ください。

9月8日(木)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします




先日の台風でブナセンターやキャンプ場にも
被害がありました。

ブナセンターの建物には影響がなかったのですが、
前庭のシラカバの幹が折れ、隣の木に寄りかかって
しまいました。


キャンプ場内のシラカバ2本も途中から折れたり、根こそぎ
倒れたりと、幸い人命には関わりませんでしたが、
台風は恐ろしいものですね。
 

折れたり倒れた木は処理をし、ブナセンターもキャンプ場も
閉鎖することなく無事に通常営業しております。

この場を借りまして、スタッフ一同、この度の度重なる台風で
被害を受けた方々にお見舞いを申し上げますとともに、
1日も早く元の生活に戻られますことをご祈念申し上げます。

9月3日(土)
つじ

次回「たつた」さんよろしくお願いします


昨日の台風で木が倒れてないかどうか確認するため
歌才ブナ林に行ってきました。
ギンリョウソウの坂から第一の沢へ降りる途中の
ハルニレの大木が倒れて道をふさいでいます。
ここから先は、倒木が処理されるまでは通行止めになります。

奥の方では、道は歩けますが倒木が隣の木に引っかかっている場所が
何か所かありました。

東から強風が吹いたらしく、
木が倒れている方向が全部西向きにそろっています。

8月31日(水)
さいとう

次回「つじ」さんよろしくお願いします



今日で、麦茶終了です。

暑かったので、たくさんの人に
麦茶を飲んでいただきました。




夏限定の魚たちの水槽は、もうしばらく続きます。



8月21日(日)
こばやし

次回「つじ」さんよろしくお願いします



8月10〜13日の4日間
「ブナ里自然塾 夏休みスペシャル」を実施しました。

10日は「森の小枝でマイはしづくり」
ブナセンターの周りでとれるブナ・ミズナラ・クリ・シラカンバ
サクラ・カエデの小枝を使ってはしづくりをしました。


11日と13日は添別川で「100万年前の貝化石とり」
「こんなに簡単にたくさんとれるんですね!」と
ご家族みんなで夢中になっていました。


12日は朱太川で「魚とりに挑戦」
魚とり初心者の方も、とり方のコツを教えてもらって
道具の使い方やかまえ方もばっちり。
たくさんのカジカやゴダラッペ(ウキゴリ)がとれました。


どのプログラムも午前に体験活動をして
午後には実物図鑑を作ったり、まとめをしました。

黒松内の夏の楽み方を覚えてくれた参加者の皆さん
また来年の夏も遊びに来てくださいね。

8月14日(日)
たつた

次回「つじ」さんよろしくお願いします




このところ毎日30度近くまで気温が上がり、
「川遊び」に最適な夏らしい日々が続いています。

ブナセンターでは昨日から
「ブナ里自然塾 夏休みスペシャル」が始まり、
今日は添別川で「100万年前の貝化石堀り」を実施しています。
13日まで魚とりや貝化石堀りのプログラムが続きます。


真夏の暑さですが、
道路沿いには2,3日前からススキの穂が出てきました。

エゾノコンギクも咲き始め、
植物の世界では、秋が始まっています。

8月11日(木)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


今日は、朝から台風の影響なのか風が強く、
ブナセンターの周りで白っぽい小さな虫のようなものが
舞っていて、息をすると鼻に入ってきそうな感じでした。

舞っているものの正体はこれ。

白樺の種でした。
この翼でいろんなところへ飛んでいきます。

8月9日(火)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


今日、久しぶりに「ブナの小道」に
行ってきました。

さまざまなキノコがありましたが、
特に赤いキノコがたくさんありました。



 



落ち葉で隠れているキノコも…。

名前がわからなくても、
どこにキノコがあるか探すだけでも面白かったです。


ただし、アブや蚊が出ますので、
森に入るときは虫よけ対策をしてください。

8月7日(日)
こばやし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




今年もホタルの季節がやってきました。
例年7月下旬〜8月中旬まで
森林公園のせせらぎ水路などで見ることができます。
(今年は7月26日に初確認しました)

暖かい日の夜8時ごろがおすすめです。
20〜30匹ほどのホタルが飛んでいますが
時々数匹がすぐ目の前を通っていったりと
とても幻想的です。

ブナセンターでホタル情報を展示しています。
詳しい場所の説明なども、こちらでご覧いただけます。



お盆頃までは見ることができそうなので
ぜひ見に行ってみてくださいね。


8月6日(土)
たつた

次回「こばやし」さんよろしくお願いします




歌才湿原の花の様子を見に行きました。
例年7月下旬に咲くタチギボウシが
おととい、ようやく咲きだしたと思ったら、
2日後の今日はほとんど咲ききっていました。



ずっと気温の低い日が続いていたところに、
急に昨日から暑くなったせいでしょう。

湿原が一面オレンジ色になる
6月のエゾカンゾウほど華やかさはありませんが、
薄紫色のタチギボウシも歌才湿原の夏を彩る花です。


歌才湿原に行く国道5号線沿いは
ソバ畑が続いています。
ソバの花は一面、真っ盛りでした。





8月1日(月)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


ようやく、長く続いた雨も止みました。
黒松内でもっとも大きなイベント「ビーフ天国」本祭の今日。
楽しそうなイベントコールの声が
ブナセンターにも聞こえていました。



陶芸クラブの皆さんが陶芸作品を販売するブースです。

この日のために作ったメンバーのオリジナル作品、

どんどん売れたとのこと。

久々の蒸し暑い一日でしたが
皆さん、とても楽しそうでした。


7月31日(日)
こばやし

次回「あかし」さんよろしくお願いします


昨日、雨の中、歌才ブナ林に行ってきました。
森の中に霧が漂っていて、
幻想的でした。

7月28日(木)
さいとう

次回「あかし」さんよろしくお願いします


ようやく暑くなってきたので、ブナセンターでは…。

今日から、夏休み期間中
コーヒーコーナーで
つめた〜い麦茶サービスを行います。



外で遊んだあとは、
ブナセンターで涼みに来てくださいね。

7月23日(土)
こばやし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします



連休中の7月17日(日)に
「100万年前の貝化石とり」を行いました。

黒松内が100万年前海だった証拠となる貝化石。
皆さん色々な種類の貝化石をとっていました。


(写真はとってきた貝化石をクリーニングしたもの)

「次は巻貝を見つけたい!」
「夏休みにまた来て自由研究にしたいな」
と言っていた子どもたちがたくさんいました。

夏休みプログラムでもまた貝化石とりがありますよ。
ぜひまた参加してみてください。

また、ブナセンターで道具を借りて
自分たちで貝化石とりすることもできます。
魚とりの道具もご用意しています。


行き方や道具の使い方は
スタッフに聞いてくださいね。


7月22日(金)
たつた

次回「こばやし」さんよろしくお願いします





今日から3連休。天気はとても良いです。
今日は、「彩雲」という現象が黒松内の空で
何回か見られています。

すごくきれいですよ。

7月16日(土)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


今日歌才ブナ林に行ったら
第一の沢手前でエゾアジサイが見ごろを迎えていました。



7月2日の日直でお知らせした倒木は
7月8日に処理されました。
現在は終点まで行くことができます。


7月14日(木)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




今週の木曜日は
下澤先生の陶芸教室でした。

かねてより挑戦中の「傘立て」、
5月の頃より20pは高くなりました。

重心を整えるなど、先生に修正していただいたら、
今度は模様を描いていきます。

お手本通りの模様をつける人、好みの花柄をつける人と様々です。


もう少しで完成です
楽しみですね。


7月10日(日)
こばやし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします



先週6月25日(土)の暴風雨の影響で
歌才ブナ林の木が何本か倒れました。
倒れた木が散策路をふさいでいるところがあるので
ご注意ください。

第二の沢をすぎたあたりでは
大きなブナの木が散策路沿いに倒れています。


倒れたブナの木の上を見上げたら
森の天井にぽっかりと穴が開いて
青い空が見えていました。


倒木が処理されましたら、またお知らせします。
この日のブナ林の詳しい様子は
ブナ林情報
をご覧ください。。

7月2日(土)
たつた

次回「こばやし」さんよろしくお願いします



昨日の朝、町内の知り合いから電話があり、
家の裏のリンゴの木に虫が大発生しているので見てほしいとのことで、
行ってきました。
葉がかなり食われていて、幼虫がびっしりとついていました。
調べてみたら「エゾシロチョウ」という蝶の仲間。
6月下旬から7月にかけてバラ科の樹木に発生する北海道にしかいない蝶でした。

モンシロチョウより一回り大きく、白い羽に黒い線の模様が入っている蝶です。

「札幌の昆虫」(木野田君公著 北海道大学出版会)より


6月30日(木)
さいとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


今日も雨降りです。
昨日はこの季節に珍しい暴風雨で、
ブナセンターの周りでも
たくさんの木々の葉が引きちぎられました。



今年の6月は本当に雨ばかり。
黒松内特有の「じり」(霧と霧雨の間)が降ることはあっても
こんな本降りの雨が続くなんて・・・。

気象庁のデータで調べてみたら、
黒松内の6月の降水量の平年値(過去30年)は76.5oなのですが、
今年は6月25日の時点で215.5oも降っています。
(昨日は1日で60o!)

平年の3倍近い数字なのでびっくり。
確かにこれでは畑の作物に悪影響です。


毎日雨なのでブナ林へ行く方も少ないようですが、
森では、ツルアジサイの花が人知れず見ごろを迎えています。

6月26日(日)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


6月18・19日に
ブナ・ウォッチングツアー2016in歌才が開催されました。

1日目は、地元の樹木やハーブを蒸留して
精油成分の抽出し、森の香りを楽しみました。


講師は札幌在住ハーブ研究家の狩野亜砂乃さんです。
(写真はブナの葉を蒸留しているところ)


野外ではトドマツの蒸留をしました。
手前の装置は、さいとうさんが手作りした蒸留器です。


最後にトドマツ・ヨモギ・ホオノキ・ニオイヒバ・ミントの
精油の香りを嗅ぎ当てるクイズに挑戦。
「ホオノキってこんなに甘い香りがするんだ!」
「ヨモギってこんな香りになるんだ!」
とびっくりされている方がたくさんいらっしゃいました。

抽出した精油成分はまだブナセンターで保管しています。
気になる方は遊びにいらしてください。



2日目は、自然の家から歩いて歌才ブナ林へ。
ギンリョウソウや、ブナの若い実、カタツムリなど
いろいろなものをみながら深緑のブナ林を楽しむことができました。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
また黒松内に遊びにきてくださいね。

秋、冬にもブナ林へ行く企画があります。
四季のブナウオッチングをご覧ください。

6月22日(水)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


歌才オートキャンプ場ルピックでは5/28と6/4に
「山菜を食べよう」Wイベントを企画しました。
5/28は天候もよく、黒松内で採れるウドやヨモギの天ぷらを
キャンパーの方々と食べました。
キャンプ場には「シイタケ」も栽培していますので
シイタケ狩りをして、これも天ぷらにして美味しくいただきました。
 
 
残念ながら6/4は悪天候により第2弾の「焼きタケノコ」は
中止とさせていただきました。
またいろいろな企画を考えていきますのでよろしくお願いします。

6月8日(水)
つじ

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


昨日の午後、雨が止んだのでさっそく
「ブナの小道」へ行ってみたら、
まあ、ギンリョウソウがたくさん!



地面が真っ白に見えるほど群生していました。
花はまだ開きはじめたところ。
あと1週間は楽しめそうです。

同じく昨日、黒松内中学校の授業で
添別ブナ林に行ってきた、さいとう・たつた情報では、
添別ブナ林でもギンリョウソウがたくさん咲きはじめ、
ブナの実生(赤ちゃん)も足の踏み場がないくらい
びっしりだそうです。


6月3日(金)
あかし

次回「つじ」さんよろしくお願いします


初夏のような陽気がやってきた!
と思ったのはほんの一瞬で、
今週はストーブをつけたいような寒さに震えています。
気温は4月下旬に逆戻りですが、
植物の開花は例年より早く進んでいます。


黒松内のあちらこちらで、もうホオノキの花が見ごろ。
例年6月中旬から下旬に咲くのですが、
昨年、今年と5月下旬から咲きだしてびっくりです。


6月2日(木)
あかし

次回「つじ」さんよろしくお願いします


ブナの小道でたくさんのギンリョウソウが
頭を出しはじめています。


花開くのが楽しみです。
今月のブナセンターだより2ページ目は
ギンリョウソウ
のことを紹介しています。
ぜひ読んでみてくださいね。


5月26日(木)
たつた

次回「つじ」さんよろしくお願いします


夏のような日差しに若葉がきらきらしています。
今朝のブナの小道です。

ブナの若葉。

ハウチワカエデの若葉。


「若葉若葉かがやけば物みなよろし」
山頭火の句そのものです。
この週末、ブナ林や黒松内岳に行った方からは
「今が一番きれいですねえ」の声々。

声といえば・・・、3日前から
自宅周辺でカッコウの声を聞くようになりました。

ブナ林では、一番遅くにやってくる夏鳥、
アオバト(オ〜ア〜オ〜)と
ジュウイチ(ジュウイチ、ジュウイチ〜)の声も昨日初確認。
森は初夏へと衣替えが進んでいるようです。


(ブナの赤ちゃんも本葉をしっかり開きました)

5月22日(日)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


昨日、今年度1回目「陶芸教室」が開かれました。
4月〜11月の間12回(内3回初心者向け)
講師の下澤暘子先生をお招きして行う陶芸教室です。


今回は陶芸クラブの会員さんやベテラン向けとして、
傘立てに挑戦です。


まずは土台を作り、粘土をひも状にして
高さを積み上げていきます。





次回の教室までにどのくらいまで
高さができているでしょうか?


5月20日(金)
こばやし

次回「あかし」さんよろしくお願いします



5月14日(土)
今年度の「わくわく土曜日ランド」がはじまりました!
毎月
(8月と1月を除く)1回土曜日に行う
町内小学生向けの体験活動です。


今回のタイトルは「木のお菓子」
みんなでせっせとバームクーヘンを焼きました。


根気のいる作業なので、なかなか大変でしたが
2時間近くかけてできあがったのがこちら。



数えてみたら、大体13枚の層ができていました。


そのあと、本物の木の年輪と比べたり、数えたりして
「年輪のできかた」のお話しを聞きました。
子どもたちには、ちょっと難しい内容でしたが
バームクーヘン作りで苦労したかいあって
みんなすんなり納得できました。


6月は200歳近い年輪を見に、歌才ブナ林へ行きます。

5月15日(日)
たつた

次回「こばやし」さんよろしくお願いします



昨日、黒松内小学校の授業に行ったときに学校の窓から
東山のブナの木がきれいに見えていました。
明るい緑色がブナです。


今から約1週間、山肌のどこにブナが生えているか
見分けられます。


5月12日(木)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


本日「こどもの日」
久しぶりにお天気に恵まれました。




陽光を浴びて元気に森林公園で春を見つける子どもたち。


木工房で、端材を工夫して
オリジナル・クラフトを作っていく子どもたち。

みんな、ブナセンターで
楽しい時間を過ごしていってくれたようです。


5月5日(木)
あかし

次回「さいとう」さんよろしくお願いします


今日は気温が20度近くまであがり、あたたかい1日。
ブナセンター駐車場の近くに植栽されたブナも、芽吹きはじめました。

ブナセンターに遊びにいらした際はぜひ見てみてくださいね。

4日(水)と5日(木)も、GWプログラムがあります。
たくさんの方のご参加お待ちしています。


5月3日(火)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします



昨日からGW本番を迎えています。
お隣りのキャンプ場ルピックもオープンして、
たくさんの宿泊客の方を迎えました。

冬に逆戻りのような寒さにもかかわらず、
ブナ林に来た人、カタクリを見に来た人、鳥を見に来た人・・・。

虫眼鏡で木々の芽吹きの展示を見ている彼は
芽吹いたホオノキの葉のなかにカメムシを見つけたところ。


木工房で家族みんなでクラフトを楽しむ人々。


 
(カラマツぼっくりやホオズキをつかって、すてきなものを作っていました)

陶芸の色付けに来た町内のこどもたち、

(3月の「はじめての陶芸」で作ったマグカップや箸置きに釉薬をつけてます)

そして、今日のブナ里自然塾「春をあじわおう」に参加して
ブナセンターの周りで採った

イタドリ、フキノトウ、笹の子、ニワトコなどなど、
春の野草の天ぷらを味わった人。

ブナセンターで
いろんな楽しみをみつけていってくれました。

5月1日(日)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


森林公園のカタクリの丘のカタクリ、見ごろです。

他に、コブシやエゾエンゴサクも。

ブナもだんだん冬芽の先が伸びてきました。


4月29日(金)
さいとう

次回「あかし」さんよろしくお願いします





道道9号線からブナセンターへ向かう道路沿いの
ゴミ拾いをしていたら…
キクザキイチゲが辺り一面に咲いていて、お花畑のようでした。

身近なところでこんなにたくさん咲いているんだ、とびっくり。

最近、春の花を写真に撮る練習をしています。
ほかにもおすすめスポットを知っている方がいたら
ぜひ教えてください。

4月22日(金)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




歌才ブナ林で、
キクザキイチゲやカタクリが咲き始めています。

満開となるのも楽しみですが…
落ち葉の層を突き破って出てくるつぼみや
この今にも開きそうな花たちの姿を見ることができるのは
早春の今だけ!



ブナ林情報
も更新しましたので、ご覧ください。
今週の24日(日)は「歌才ブナ林・春じたく」です。
もっとたくさんの花が咲いているかも知れません。


4月21日(木)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




3月に行った
「はじめての陶芸」教室の作品
本焼きができあがりました。



焼き色も個性的なものができました。

真ん中のブナの葉箸置きみたいな
きれいな若葉が早くみたいな。

4月16日(土)
こばやし

次回「たつた」さんよろしくお願いします


春が来ましたよ〜(その3)。
きのうの朝、
ウグイスの初鳴きを聞きました。
まだ「ホーホケキョ」ではなく、
「ホッ、ケッキョ」とたどたどしかったのですが・・・。

みなさんの住んでいる場所では
もうウグイスは鳴きましたか?


福寿草の花もお日様に向かって咲いてましたよ。

4月9日(土)
あかし

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


春が来ましたよ〜(その2)。
雨が降るごとに、どんどん雪が消えていきます。


添別ブナ林のある添別地区では、
融雪剤をまいた畑の雪がすっかり解けて、
見えてきた秋まき小麦の緑色がまぶしいです。


周囲のブナの森は
根回り穴が日に日に大きくなっています(写真は北側の斜面)。
南斜面の雪はすっかり消えています。

今年は春の訪れが早そうですね。
今シーズン初の「ブナ林情報」は
立田さんが明日アップします!

4月6日(水)
あかし

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


春が来ましたよ〜。
(道路脇で見つけました)

3月下旬、黒松内で最初に花を咲かせる木、
ケヤマハンノキの雄花穂です。
ここからたくさんの黄色い花粉を出します。
(花粉症の原因にもなります)


バッコヤナギの雄花の集まり。
「ねこやなぎ」ってよくいわれます。
(朝早く氷の塊がついていました)


土が見え始めた道路の「のり面」には
フキノトウがたくさん!

3月31日(木)
あかし

次回「こばやし」さんよろしくお願いします


3月23日水曜日、ブナセンターで5年前から行っている
「満月のブナ林ツアー」で、夜の歌才ブナ林に行ってきました。
満月が主役のこのツアー、お天気の判断が難しいのですが
過去4回とも出発時は曇りでも、最終的には満月に出会えていました。

今回も、午後からずっと雪が降っていて
月は見られないかも、という覚悟で出発しましたが…


なんと!ぶなのき台に着くころには
奇跡的にまんまるの満月が顔を出してくれました。


ライトなしで歩いたり、月明かりでできた自分たちの影をみて
「月ってこんなに明るいんだ」という声がたくさん聞こえました。

カメラを持っていた方たちは、
さいとうさんに教えてもらいながら、写真撮影にもチャレンジ。
上の写真は、私が撮影したベストショットです。
月明かりを受けた樹木のシルエットがとってもきれいだったのですが…
その感動を伝えるには、まだまだ修行が必要ですね。

ですがやっぱり、その感動を皆さんにもお伝えしたかったので
さいとうさんに写真を借りました。


こんなに素敵な、満月のブナ林でした。


3月26日(土)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします



今日、町内の方がブナセンターに「クマゲラいたよ!」と
連絡をくれました。自宅のすぐ近くにいたそうですが、
ペットの犬が吠えて、写真を撮る前に逃げてしまったそうです…
最近はブナセンターの周りでも木に穴を開けています。
(穴→採餌痕〈さいじこん〉といいます。)

 
左:キャンプ場の木に開けた採餌痕   右:イメージ

木の中のアリを食べるために穴を開けるとのこと。
穴を開けるときには大きな音がするはずですが、
いったい、いつ開けているものやら…気づかないものですね。


3月21日(月・祝)
つじ

次回「あかし」さんよろしくお願いします



一昨日と今日の朝、バードフィーダーの周りにエゾリスが来ていました。
毎年春になると、やってくるそうです。



明日も来てくれたらいいな。


3月18日(金)
たつた

次回「つじ」さんよろしくお願いします



先週、金土日の3日間、
「はじめての陶芸」教室を行いました。


みなさん、初めてとは思えないような力作を作っていきました。
ブナセンターでは、毎週木曜日に陶芸教室を行っています。
時間は13:30〜15:30、18:30〜20:30です。
申込は必要ないので、
陶芸をやってみたいという人は、ぜひ、
木曜日に来てください。

3月16日(水)
こばやし

次回「たつた」さんよろしくお願いします



昨日、キャンプ場のカラマツの木に
まだ新しいクマゲラの採餌痕(餌を採るために掘った痕)を発見しました。
(クマゲラは冬の間、カラマツのなどの樹木の中に潜んでいる
ムネアカオオアリを食べます。)



クマゲラの採餌痕を初めて自分で見つけたので、わくわくしました。
こんなに身近なところで餌探しをしているのですね。

次は姿を発見したいと思っています。

3月6日(日)
たつた

次回「こばやし」さんよろしくお願いします



ブナセンターでは明日、5日(土)から
写真展「歌才ブナ林 花ごよみ&キノコごよみ」が始まります。

ただいま準備の真っ最中。

 

花ごよみは68種、キノコごよみは70種の写真を展示します。
それぞれ、季節順に紹介しています。

いろんな色、形の、花やキノコがあっておもしろいですよ。
ご家族、お友達を誘って見にきませんか?


3月4日(金)
ないとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします




今年も、しりべし学園分校の皆さんから
バードフィーダー用のヒマワリの種をいただきました。


先生と生徒さんが届けてくださったとき、
ちょうど鳥たちのごはん時間だったので、
シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラなど
たくさんの鳥たちを見てもらえました。


大事に育てたヒマワリの種、
本当にありがとうございました。



2月28日(日)
あかし

次回「ないとう」さんよろしくお願いします


先週の日曜日、
生物多様性保全奨励事業(黒松内町の生物多様性に関する研究助成)

の成果発表会がありました。


今年度のブナセンター賞受賞者、森井悠太さんは
森とそこに棲むカタツムリの関係について。
これまでの受賞者の方々は、その後の研究成果について。
皆さん、わかりやすく、時に笑いを交えつつ、楽しい発表をしてくださいました。



発表終了後には、会場から質問が続出。
研究者の方が驚くような鋭い質問も飛び出し、有意義な時間となりました。


発表して頂いた研究者の皆さん、参加してくださった町民の皆さん
ありがとうございました。


2月26日(金)
たつた

次回「あかし」さんよろしくお願いします




本日、黒松内小学校の3年生の皆さんと
歌才ブナ林に行ってきました。
1年間学校の周りの樹木につい
学んできた授業の
総まとめとして、原生林の木の太さを実感するために。


帰り道は、豪快に尻滑り。
やはり、冬の森はおもしろい。

2月24日(水)
さいとう

次回「たつた」さんよろしくお願いします


先週の14日日曜日
「かんじきブナウォッチング」の2回目が終了しました。
なんと当日の天気は雨。
荒天時に備え、室内プログラムも用意していたのですが、
参加者の方全員、雨でも歩くと言ってくださり、森へ出発。
(歌才ブナ林へは行かないショートカットコースでした)



今回も動物の足跡などたくさんの発見がありましたが
いちばん印象に残ったのは、冬の「樹幹流」。
夏は一度、葉で受け止めた雨水が流れるのですが
冬は葉がなく、弱雨のわりに勢いよく流れているのに驚きました。



森から帰ってきたあとは
風邪を引いてはいけないと、昼食前に温泉へ。

25年続くかんじきブナウォッチングの中で、雨は初めてのこと。
今回は、何から何まで特別なブナウォッチングとなりました。

2月17日(水)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします




今月もブナセンターの食工房は、
グループ活動でにぎわっています。
冬期間は週に3日、4日と女性グループの方々が
食工房を利用して「お豆腐」や「蒸しパン」づくり、
寒い時期ならではの「味噌の仕込み」をしています。

今日もいろいろ作ったようです。
  
赤飯と黒飯                 蒸しパン

味噌の仕込みもしていました
  

みんなでワイワイいいながら、
楽しく、いろいろなものを作っています。

2月12(金)
つじ

次回「たつた」さんよろしくお願いします


1月下旬にテレビや新聞で
「渋谷式かんじき」の紹介が相次いだ影響でしょうか?
「冬の森を歩きたい」という方の来館が2組あり、
かんじきを貸し出しました。


最初のご夫婦はブナを見たいということだったので、
「ブナの小道」をおすすめしました。
ちょうどおととい、私と立田さんが歩いた足跡が
うっすらついていたので、その跡をたどって・・・。

(2人が歩いたあとには道ができていました)

1時間ほどで「とても楽しかった!」と戻っていらして
「直前についた足跡だとつまらないけど、
うっすらついた足跡をたどるのが面白かった」とのこと。

私たちが歩いた場所以外にも探検したそうです。

(どれがブナの木か、わかりましたね)

もう一組の方は、
ブナセンターの周りの林を自由に歩いて楽しんでいました。
「隣町なのでまた来ます」とのこと。


みなさん、渋谷式かんじきのおかげで
冬の森を歩く楽しさを知っていただけたようで



2月7日(日)
あかし

次回「つじ」さんよろしくお願いします


バードフィーダーでのおはなし。



こちらはブナセンターの館内清掃のお仕事をしているMさん。
手にはひまわりの種を乗せています。

動かずにじっとして待っていると・・・



来ました!

このあと、手に乗ってひまわりの種を一粒くわえて飛んでいきました。

今朝のバードフィーダーでの出来事でした。


1月31日(日)
ないとう

次回「あかし」さんよろしくお願いします



1月23・24日は「かんじきブナウォッチング」の1回目でした。

天候が荒れるのでは…と少し心配していましたが
当日は青空のもと、歌才ブナ林を歩くことができました。


今回は宿泊参加者17名のほか、町内参加者15名と
地元からもたくさん参加してくださり、
子ども連れのご家族も多く、賑やかなブナ林散策となりました。

自分たちの影で遊んだり


「落ちても雪があるから痛くない!」とつるのブランコで遊んだり、と


皆さん、冬の森を思い思いに楽しんでいました。

行きに一生懸命上った斜面も、帰りはびゅんと一気に尻滑り。
老いも若きも童心に帰って楽しんでいました。


ほかにもキツネやエゾリスの足跡を見つけたりと、
冬ならではの森を満喫できた1日となりました。


1月28日(木)
たつた

次回「ないとう」さんよろしくお願いします。



今週から、食工房では味噌作りが始まってきました。
今日、私も研修として参加させてもらいました。

味噌は大豆、こうじ、塩の三つの材料でできます。
毎年、食工房で味噌を作る人たちは黒松内産の大豆を使用し、
こうじも自分たちで作るそうです。

1月から2月頃に仕込み、1年間程寝かせます。
食べごろは早くて11月ごろ、
涼しい所に置き土用の頃にかきまぜます。
 
美味しい味噌になりますように!

1月24日(日)
こばやし

次回「たつた」さんよろしくお願いします。


本日、晴れ時々雪という天気の中、
歌才ブナ林に行ってきました。

今シーズンは1月に入ってからのどか雪の頃の
気温が低かったため、
ササが寝ずに雪の上に頭を出しています。
全体的に雪は少なめですが、
自由に雪の上を歩きまわるには十分な雪の量です。
ぜひ、かんじきを履いて、ブナ林へ!

1月21日(木)
さいとう

次回「こばやし」さんよろしくお願いします。



昨年12月25日に鳥のえさ台を設置して、
その3日後に、初めてシジュウカラがやってきました。
それからはほぼ毎日、ヒガラやゴジュウカラなど
カラ類の仲間たちがやってきています。



今年は例年よりも「ヤマガラ」の登場率が高いです。
赤茶のベストを着ているようで、目を引きますね。

野鳥たちの姿は、館内のコーヒーコーナーから見ることができます。
コーヒーを飲みながらゆっくり、バードウォッチングしてみませんか。

1月16日(土)
たつた

次回「さいとう」さんよろしくお願いします。


今年初の「ブナの小道」散歩へでかけました。
今シーズン初のかんじきで。

この冬、黒松内は雪があまり降っていません。
現在積雪40センチ程度(例年のおよそ3分の2)、
笹が所々まだ見えています。

まだ誰も歩いていない新雪に足跡をつけて歩いて行くと
「ブナの小道」に先客が・・・。

ウサギの足跡がずっと
私が歩こうと思っていたコース通りに続いていました。

途中何を思ったか急に後戻り。
テンの足跡もあったので、もしかすると・・・?

昨年末からブナセンター周辺で
ウサギの足跡をよく見ますので、足跡探検、おすすめです。

ブナセンターの木工房では
7日の開館以来毎日、
冬休みの工作をしに来るご家族でにぎやかです。


1月9日(土)
あかし

次回「たつた」さんよろしくお願いします。



あけましておめでとうございます。

ブナセンターは本日1月7日から通常営業しました。



新年早々、PRです。
1月8日から17日まで、町内の小学生を対象として
「木工房の無料開放」を行います。
冬休みの工作などにご利用いただければ幸いです。

この期間中、1月10日(日)と17日(日)に
「イタドリでド♪レ♪ミ♪の笛を作ろう」教室を開催します。
両日とも午前10時から始まります。
たくさんの参加お待ちしています。

最後になりましたが、今年もブナセンターと
オートキャンプ場L'PICをご利用いただくとともに、
黒松内の自然を楽しんでいただきたく、
職員一同お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。


1月7日(木)
つじ

次回「たつた」さんよろしくお願いします。